メニュー

SERVICEサービス

戦略構築/コンセプト策定

ブランド・コンセプト構築

マーケット内でゆるぎないポジションを確立するコンセプトの構築を。

コンセプトは、商品造成・販売戦略の構築・PR戦略の構築など全てにおいて軸となる非常に重要な要素です。業績に動きがない場合や下降気味である場合に、最も根本的な原因として、現状のウエディングコンセプトがターゲットに支持されてるものであるかどうか、マーケット内で勝てるものになっているかどうか…など、早急な見直しが必要です。
また、コンセプトワークは、いくつかのステップを現場スタッフと共に踏み、検証・分析していきます。
そのため、“コンセプトの完成”そのものの価値とあわせて、それに至るまでのプロセスを共有することが、非常に重要だと考えています。

ブランド・コンセプト構築イメージ写真

ビジネス環境分析

  • 自社分析
  • 競合他社分析
  • 顧客分析

新たに作成するコンセプトの方向性を定めるための最初のステップです。

  1. 過去の実績数値の分析や、SWOT分析の実施による自社分析
  2. 競合会場のコンセプト、コミュニケーションツール、スペックなどを、自社と比較して分析をする他社分析
  3. 過去から現在に至るまでの顧客を、数値実績に基づいて分析する消費者分析

上記を基に、まずは自社を取り巻く環境を客観的に分析し、把握いたします。

ブランド戦略構築(ポジショニング)

ビジネス環境分析に基づき、所属するマーケットにおける自社の現在のポジショニングを把握すると同時に、今後新たに目指すべき、競合に勝てるポジショニングを見出すステップとなります。マーケットにおける自社の新たなポジションを設定することにより、ビジネス環境分析にて把握した、現状の顧客を引き続きターゲットとするのか、新たなターゲット像を設定するのかが浮き彫りになります。この、ターゲットの見直し・再設定を実施することが必須のステップとなります。

コンセプト構築

自社を取り巻く環境を把握し、新たなターゲットを設定した後は、「ワーディング」のステップとなります。どのようなウエディングをお預かりするのか、どのようなウエディングを実現するのか、コンセプトはいわばお客様へのマニフェストです。その宣言に最適なワードをピックアップしながら、最終的なコンセプトを構築いたします。